腸内環境を整えるにはビフィズス菌が鍵だった

ヨーグルトや乳製品に入っているビフィズス菌は何となく体に良さそうで、お腹の調子を整えてくれるものというイメージが強いです。
実はビフィズス菌は腸内環境を改善するのには必要不可欠な菌で、しっかりと取ると健康にも美容にも良い効果を与えてくれます。

1.ビフィズス菌とは?

腸の中には善玉菌と悪玉菌、どっちでもない日和見菌がいると知っている方も多いことでしょう。
ベストな腸内環境を保つためには善玉菌が優位な状態を維持していくのが最適です。

この善玉菌の99.9%を占めているのがビフィズス菌です。
つまり、腸内環境を良くしておくためにはビフィズス菌をしっかりと取るのが大切です。

2.乳酸菌とビフィズス菌の違い

善玉菌というと乳酸菌だと思っている方も多いですが、前述のように善玉菌の99.9%がビフィズス菌なので、意外と乳酸菌が占める割合は少ないです。

乳酸菌は食べ物を分解して乳酸を作り出しますが、ビフィズス菌は乳酸だけでなくそれよりも強力な酢酸を作り出すという力に長けています。
また、乳酸菌は酸素がある場所でも生きていけますが、ビフィズス菌はそうではありません。

ざっくり言うと、ビフィズス菌の方が乳酸菌よりも弱く死滅しやすいですが、乳酸菌はそんな壊れやすいビフィズス菌を強くして守るサポート役をしてくれます。

どちらも腸の善玉菌としては有用なので、一緒に取ることで腸内環境を良くするのに役立ってくれます。

3.ビフィズス菌の効果

ビフィズス菌には様々な効果がありますが、一番大きいのが腸内環境を整えるということです。
腸内環境が悪くなると悪玉菌が有毒ガスを作ってしまって、それが血液で全身に運ばれ、健康や美容に悪影響をもたらしてしまいます。
そのため、善玉菌優位の環境を常に維持しておくのが大切です。

ビフィズス菌は腸の善玉菌を増やして腸の働きを高めて、お腹の調子を整えたりしてくれます。
腸のぜん動運動が活発になりますから、女性に多い便秘改善にも効果的です。

また、体の免疫機能を高めるのにも役立ってくれます。
乳酸や酢酸などの強力な酸を作り出すことで、ウイルスや細菌などから体を守ってくれますから、病気にかかりにくくなったり症状を緩和するのに効果的です。
風やインフルエンザ対策にも効果的ですし、花粉症などのアレルギー症状の緩和に期待できます。

そして、中性脂肪やコレステロールを減らすのに役立ってくれます。
加齢などによって脂質代謝がしっかりと行われなくなり、太りやすくなってしまいます。
ビフィズス菌が低下した脂質代謝機能を高めてくれて、血液中に脂質がたまりにくくなりますから肥満などを防止してくれます。

4.ビフィズス菌の取り方

健康にいかにビフィズス菌が重要かが解ってきたことでしょう。
腸内環境を良好にしておくためにも、常にビフィズス菌を食べ物などから取って行く必要があります。

様々な食品にビフィズス菌は含まれていますが、一番取りやすいのはヨーグルトなどの乳製品です。
特に生きたまま腸まで届くプロバイオティクスのヨーグルトなら、ビフィズス菌を効率的に取れます。

残念なことに食品から取ったビフィズス菌は数日程度で死滅してしまいます。
元々腸にいた菌ではありませんから腸内に定着しにくいです。
そのため、定期的に食品からビフィズス菌を取っていくというのが大切です。
毎日ヨーグルトを食べるなどの習慣を付けて、腸内でビフィズス菌が不足しないようにしましょう。

グリーンクレンズカクテルなど人気のダイエットフォロー飲料を始めるのもおすすめしています。

5.最後に

健康と腸内環境の良さは切っても切れないほど重要なものです。
それにはビフィズス菌を増やすのが一番ですから、毎日の生活の中で無理なく食品などから取るようにしましょう。
また、最近は機能性の高いビフィズス菌のサプリメントなどもありますから、上手に活用して健康な体を守って

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です