生活習慣病を予防したい方にアフリカンマンゴノキエキス

アフリカンマンゴノキとは、主にインドや南アフリカにあります。
体重を減少させ、食欲を抑制する働きがあることから古代から薬草として使用されていました。
アメリカでは、アフリカンマンゴノキを配合したサプリメントがの研究が進められてます。
肥満問題が社会問題化しているアメリカならではですよね。

また、アメリカではアフリカンマンゴノキの種を乾燥させ、エキスを抽出します。
これが、いわゆるアフリカンマンゴノキエキスです。
このエキスを粉末化させたたサプリメントも近年、人気を博しています。
盛んにダイエット目的のサプリメントの研究が行われていて、アフリカンマンゴノキエキスは特に効果が高いものとして注目を集めているのです。

さて、それでは一体どのような効果があるのかを見ていきましょう。

ダイエット効果

食事をとると体の中で分解され、日々の活動に必要なグルコースそして脂肪がエネルギー源として使われます。
しかし使い切れなかったエネルギー源は脂肪細胞に蓄積されてしまいます。
この脂肪細胞が大きくなっていくと肥満症状と呼ばれる状態になるのです。
そして脂肪細胞の肥大化により、食欲を抑えるホルモンである「レプチン」の働きの弱体化も引き起こします。
アフリカンマンゴノキは、このレプチンがスムーズに働けるようにサポートをしてくれます。
このような理由から、アフリカンマンゴノキエキスは脂肪細胞の肥大化を抑制してくれる効果があるといわれていますね。

アメリカでは既に大注目のダイエット素材になっています。日本製品ではグリーンクレンズカクテルなどが人気ですね。
体質や食べ物の性質上、肥満問題に関しては世界一と言われているアメリカ。
その問題はとても深刻で様々な合併症まで引き起こします。
ただ太っていると見苦しいなど外見だけの理由でなく、実は肥満化は内面まで虫食んでいるということになります。
そこでどうにか痩せる方法がないか研究され続け、ようやくアフリカマンゴノキに辿り着いたんですね。
ダイエット先進国としてダイエット関連商品が毎年、多数開発されているアメリカでも注目の素材なのです。
アフリカマンゴノキエキス配合のダイエットサプリは年間、250万個以上も売れ続けている大ヒット商品です。

アフリカンマンゴノキの魅力は、やはり満腹中枢刺激ホルモンを増やす働きがあることですね。
実は太っている人の脂肪細胞は、満腹中枢刺激ホルモンを出す力が普通の体型の方より弱いとされています。
つまり、食欲を抑える指示を出しにくい状態ということですね。
しかしそのような方でもアフリカマンゴノキエキスを摂取することによって、満腹中枢刺激ホルモンの分泌が3倍近くになるのです。
これで、誰でも無条件で食欲を抑制することができますよね。

生活習慣病の予防と改善にも効果があると言われている

本来、体中にある脂肪細胞は、肥大化していない時はホルモンのひとつであるアディポネクチンを分泌しています。
またアフリカンマンゴノキには糖質が吸収されるために必要な消化酵素であるアミラーゼの作用を邪魔する働きがあるので、血糖値の急な上昇を抑えることができます。
つまりアフリカンマンゴノキは、このような効果作用によって糖尿病の予防にも繋がる効果があると考えられています。
また、アディポネクチンの分泌量を増加させる働きがあるため、脂肪細胞の代謝を活発にする働きもあります。
更には血管を広げる働きもあるため、動脈硬化や高血圧を予防する効果にも非常に期待されてます。

適度な体重を維持し続けることは、健康そのものにも繋がりますからね。
スリムな体型を目指している方、また生活習慣病を予防したい方にアフリカンマンゴノキエキスは是非ともお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です